豊田鉄工株式会社コーポレートロゴタイプ
[技術職] 製品開発 職場風景
自動車部品の開発
先行開発
自動車の5年~10年後の将来動向を先取りした研究開発や新技術開発を行っています。さらに先行した新技術開発のために大学などとの共同研究も行っています。
製品開発
自動車の衝突安全や軽量化・快適性向上のための新製品開発を行っています。CADやCAEさらにはさまざまな実験を行って数多くの新製品を開発しています。
職場の雰囲気
個性的で創造性豊かな集団ですが、互いの役割を考慮して協調できるバランス感覚にすぐれた人材が多く、若手や新人が働きやすい環境です。また、開発が成功したときには、嬉しさを全員で共有しています。
Seniors Voice(先輩の声)
自分の開発品が製品になったとき、確かな手ごたえを感じる。
HV(ハイブリッド車)をはじめ、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)の心臓部分を担う、自動車用インバータ向け電子部品の開発、設計を担当しています。自分の開発品が実際に製品になったとき、その製品が高い評価を受けたときは、確かな手ごたえを感じます。性能や品質、コスト、環境など、開発のテーマはさまざま。どのような部品を開発すべきかを調査し、自分からやりたいと思うテーマを探して、上司に提案すれば採用されることもあります。チャレンジしたいことがありすぎて、あれもこれもと欲張ってしまうのですが、これから成長していく分野の開発に携わることができ、充実した日々を過ごしています。
[技術職] 製品開発 ミーティング風景
電子部品を、これからのトヨテツをリードする分野にしたい。
開発に必要なことは、日々、知識を広げることです。電子部品の開発は、新規分野への挑戦でもあり、社内に蓄積されたノウハウだけに頼ることはできません。展示会やセミナーなど、自ら積極的に情報を収集しています。長年の実績を積み上げてきたシャシー部品やボデー部品とは異なり、電子部品は未開拓な部分もあり、若手でも自由な発想でチャレンジできることがやりがいでもあります。世の中の動きや業界のトレンドにも注目して、専門的な知識を蓄積し、世界にまだない製品を開発して、電子部品を、これからのトヨテツをリードする分野にしていくことが目標です。
自動車業界で働きたい、子どもの頃の夢がかなう。
レース観戦が趣味です。週末はレースのDVDを見ていることが多く、SUPER GTシリーズは特に好きで、鈴鹿サーキットや富士スピードウェイなど近隣で開催されるときは観戦に出かけます。中学生のとき、初めて父にレースに連れて行ってもらったときから、レースや自動車が好きになりました。父は自動車整備士で、いつか父のように自動車に関わる仕事がしたいと思い、自動車業界で働くことが夢になりました。トヨテツへの就職が決まり、自動車部品を開発、設計できる開発部に配属され、子どもの頃からの夢が叶いました。
ある1日のスケジュール
COPYRIGHT © 2014 TOYODA IRON WORKS CO.,LTD ALL RIGHT RESERVED.