HEALTH MANAGEMENT

健康経営

豊田鉄工は健康経営企業としてホワイト500認証を継続して取得していきます

トヨテツの健康経営宣言

トヨテツは取り巻く様々な環境変化に対応しつつ、ものづくりを通じ調和の取れたより良い社会の発展に貢献していく上で「心身共に健康な人財」が最も重要な経営資源であると考えています。

「心身の健康と安全はすべての原点
明るく、楽しく、元気よく」

健康経営を推進してまいります。

2019年7月
豊田鉃工株式会社
代表取締役社長 岩瀬 次郎

img_president

重点施策

1.働きやすい職場づくり

1.働きやすい職場づくり

双方向コミュニケーションによる風通しの良い、働きやすい職場づくりに取り組みます。

2.ワークライフバランス

労使一体となった恒常的な長時間労働の是正、休暇促進で「メリハリ」のある働き方の実現によりメンタル等、心身の健康維持に積極的に取り組みます。

2.ワークライフバランス
3.運動習慣の定着

3.運動習慣の定着

社内スポーツイベントや市開催のマラソン大会参加を通して、従業員の健康及び体力向上のため、運動習慣の構築に取り組みます。

4.疾病予防に向けた諸施策の推進

生活習慣病防止に向けた食生活改善指導、健康診断二次検診のきめ細かいフォローで従業員の体質改善を図ります。

img_measure4

健康経営とは

経営者がリーダーシップを取り、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実施する事。

①国が行う政策側面
②企業内で取組成果を上げる実践側面

具体的な取組み

img_initiatives1

(1)ホワイト500認証取得

『健康経営優良法人2018』『健康経営優良法人2019』『健康経営優良法人2020』取得

働く人達の健康について真剣に考え、様々なことに取り組んでいます。

(2)スポーツイベント

トヨテツでは毎年秋に、社員の運動習慣定着を目指してトヨテツスポーツイベント(運動会)を開催しています。
大縄跳び、綱引き、ドッヂビー(ディスクドッヂ)や駅伝といった競技で、大会に向けて重ねてきた練習の成果を出すために、楽しくも真剣に汗を流しています。

大縄跳び

大縄跳び

ドッヂビー

ドッヂビー

駅伝

駅伝