TECHNICAL INFO.

成形評価

成形評価とは

製品パネルが完成した際に、成形解析と比較してどこがどのように違うかを確認、評価します。
評価方法としては、製品パネルをレーザーにてカット。
カットしたパネルの板厚減少率を評価。その部位が解析結果と比べて数値は良いのか悪いのか確認します。
解析結果の数値より悪い場合は、何が原因で悪くなったのか原因を追究していきます。

成形評価とは

成形評価のメリット

成形評価のメリット

3次元測定器を使用し、製品パネルと金型を測定。
製品パネルは少なからずスプリングバックがある為、金型測定データと製品測定データを合わせることでスプリングバック量を把握することができ、金型を修正して精度を向上することができます。